土方カバー

土方久功正伝 日本のゴーギャンと呼ばれた男

著者清水久夫

彫刻家であり詩人でもある土方久功(ひじかたひさかつ)は、ミクロネシア研究の民族誌家としても評価が高い。彼が関東大震災の前年から死の5日前まで55年に渡って書き続けた日記を翻刻した著者が、それを基に綴った評伝。略年譜も掲載する。

発行2017年01月13日
仕様四六判/並製/334頁
定価2500円(税抜き)
ISBN978-4-88588-092-6

既刊本のご案内
ohanashi_1948_cover_20161116ol

より大きな希望

はじめて出逢う世界のおはなし1948

著者イルゼ・アイヒンガー
訳者小林和貴子

ナチス・ドイツ合邦期のウィーンを舞台に、〈青一色の世界〉を探しもとめる少女エレンの軌跡を幻想的に描いた著者唯一の長篇小説。

ohanashi1935_cover_20160703ol

古森の秘密

はじめて出逢う世界のおはなし1935

著者ディーノ・ブッツァーティ
訳者長野徹

精霊が棲む神秘な〈古森〉を舞台に、生と魂の変容のドラマを詩情とユーモアを湛えた文体でシンボリックに描いた傑作ファンタジー。