ocampo_cover

蛇口 オカンポ短篇選

はじめて出逢う世界のおはなし 1937−1970

著者シルビナ・オカンポ
訳者松本健二

世界的作家ボルヘスの盟友、アルゼンチンを代表する作家のひとりビオイ・カサーレスの妻、アルゼンチンでもっとも裕福な女性のひとり、そして20世紀スペイン語文学におけるもっともエキセントリックな小説家、シルビナ・オカンポ。

発行2021年12月17日
仕様四六判変形/並製/327頁
定価2300円(税抜き)
ISBN978-4-88588-104-6

既刊本のご案内
hjsk14_cov_211026ol

小鳥たち マトゥーテ短篇選

はじめて出逢う世界のおはなし 1957−1967

著者アナ・マリア・マトゥーテ
訳者宇野和美

悲しみ、死、少年少女のやわらかい心に爪を立てる現実。それらを一瞬にして光に変える、たわいのない噓と幻想。小説の魅力を一粒一粒に閉じ込めたような、繊細で味わい深い掌編小説集。(帯文/中島京子)

ohanashi_15dogs_cov_20201109ol

十五匹の犬

はじめて出逢う世界のおはなし カナダ編

著者アンドレ・アレクシス
訳者金原瑞人/田中亜希子

動物が人間の知性を持ったら、幸せになるのか、不幸になるのか。ギラー賞、ライターズ・トラスト・フィクション賞受賞、一風変わった動物寓話。