brecht_20200720
著者ベルトルト・ブレヒト
訳者酒寄進一
発行2020年08月18日
定価2200円(税抜き)
仕様四六判/並製/277頁
ISBN978-4-88588-101-5
amazonで購入する

アルトゥロ・ウイの興隆/コーカサスの白墨の輪

ブレヒト亡命時代の2作品、新訳!

ブレヒトが始めた演劇は、100年経った今も、レントゲン写真で写し撮ったように現代社会の病巣を浮かび上がらせる。そして、今、酒寄氏の翻訳は、ブレヒトの本質をこの日本社会に照らし出す。
白井晃(演出家・俳優)


ヒトラーが独裁者として成り上がっていく過程を、シカゴのギャングの世界に置きかえて描き、ポピュリズムへの警鐘を鳴らした「アルトゥロ・ウイの興隆」。血のつながりもない子を必死で育てる娘グルーシェの姿とにわか裁判官アズダクによる大岡裁きを通し、戦争で荒廃した人々の心の再生(対立の和解)を謳った「コーカサスの白墨の輪」。亡命時代に書かれ、ともに時代と切り結んだブレヒトを象徴する作品。


【著者紹介】
ベルトルト・ブレヒト
1898年生まれ。ドイツの劇作家、詩人。「叙事的演劇」を提唱し、劇団「ベルリーナー・アンサンブル」を創設して、二十世紀の演劇に大きな足跡を残す。1956年心筋梗塞のためベルリンで死去。代表作に本書収録作のほか『三文オペラ』『マハゴニー市の興亡』『肝っ玉お母とその子どもたち』『ガリレイの生涯』などがある。

【訳者紹介】
酒寄進一
1958年生まれ。ドイツ文学翻訳家、和光大学教授。シーラッハ『犯罪』で2012年本屋大賞「翻訳小説部門」第一位を受賞。主な訳書にシーラッハ『刑罰』『テロ』、ヴェデキント『春のめざめ』、コルドン『ベルリン1919 赤い水兵』などがある。ブレヒトの上演用台本翻訳はほかに『三文オペラ』『マハゴニー市の興亡』がある。

Leave a Reply